羽毛布団の洗い方

2023/05/24

羽毛掛け布団の洗い方


ダウンフェザーの掛け布団はどんな寝室にも贅沢なアクセントになります。暖かくて心地よく、寒い冬の夜に寄り添うのに最適です。ただし、他の寝具と同様に、掛け布団も柔らかさと暖かさを維持するために定期的なクリーニングが必要です。


ここでは、羽毛布団を簡単に洗う方法をステップごとに説明します。


1. ラベルを読んで掛け布団を準備します


羽毛掛け布団を洗濯する前に、特別なお手入れ方法についてのラベルを必ずお読みください。掛け布団によってはドライクリーニングが必要なものもあれば、洗濯機で洗えるものもあります。


掛け布団が洗濯機で洗えることを確認したら、ベッドから取り外し、よく振って羽毛をふわふわにします。こうすることで、掛け布団が元の形とふわふわ感を取り戻すことができます。


2.大容量の洗濯機を使用する


羽毛布団はかさばって場所をとるので、大容量の洗濯機で洗うことが大切です。縦型洗濯機は縦型洗濯機よりも大型になる傾向があるため、フロントローディング洗濯機が推奨されます。


3. 穏やかな洗剤と冷水を加えます。


羽毛掛け布団を洗濯するときは、漂白剤や柔軟剤を含まない穏やかな洗濯洗剤を使用してください。洗剤を機械に加え、冷水を注ぎます。熱湯はデリケートな羽毛を傷める恐れがありますので避けてください。


4. 穏やかなサイクルで洗ってください


洗濯機を穏やかなサイクルに設定し、冷水ですすぎます。こうすることで、羽毛を傷めずに布団を優しく洗うことができます。洗濯サイクルが完了したら、掛け布団に追加のすすぎサイクルを実行して、残っている石鹸残留物を取り除きます。


5. 弱火で乾燥させます


洗濯機のサイクルが完了したら、掛け布団を洗濯機から取り出し、余分な水を軽く絞ります。掛け布団を乾燥機に入れ、低温サイクルに設定します。清潔なテニスボールまたはドライヤーボールをいくつか加えて、乾燥するときに羽を毛羽立てやすくします。


6. 洗いたての掛け布団をふわふわにして楽しむ


掛け布団が乾いたら、羽毛を再分散するためによく毛羽立ててください。柔軟剤シートを使用すると、掛け布団に爽やかな香りをプラスすることもできます。これで、羽毛掛け布団は新鮮で清潔になり、すぐに使用できます。


字幕:


1. 洗濯機とドライクリーニング


2. 掛け布団をふわふわにする方法


3. 掛け布団に適したサイクルを選択する


4. 羽毛の熱湯に対する感受性


5. 布団を正しく乾かす

Rongdaは中国のダウンフェザーの専門サプライヤーおよびメーカーであり、25年以上の卸売経験があります。お客様との協力を楽しみにしています。お問い合わせを歓迎します。
お問い合わせ
あなたの要件を教えてください、私たちはあなたが想像以上のものをすることができます。
別添:
    お問い合わせを送ってください
    Chat with Us

    お問い合わせを送ってください

    別添:
      別の言語を選択してください
      English
      العربية
      Deutsch
      Español
      français
      हिन्दी
      italiano
      日本語
      한국어
      Português
      русский
      ภาษาไทย
      Türkçe
      現在の言語:日本語