ダウン原料加工品はなぜ使用に時間がかかるのですか?

2023/03/12

あなたは知っていますか?キルトの暖かさと耐久性に影響を与える最も重要な要素は、繊維のかさ、または弾力性であり、繊維のボリュームが失われると、キルトが鉄で覆われているかのように、キルトは暖かさを失います. z の最良の例です。ダウン原料の加工において、羽毛布団と他の繊維との最大の違いは、他の繊維が線状構造であるのに対し、それは球状構造を持っていることであり、線状構造は結びやすいため、長い時間がかからない.使用。

そのため、長く使っても毛羽立ちは変わりません。

ダウンはより長い間、より耐水性があります。人が一晩に流す汗のほとんどは、基本的にキルトの中綿繊維によって吸収されることを非常に明確にしておく必要があります。太陽の下でふわふわに保つには、放置する必要があります。

ダウンの卸商品は異なります。ダウンの上には防水グリスの層があります。ガチョウやカモが水中を泳ぐと、羽毛はすぐに乾きます。

そのため、ダウンは濡れにくいです。もちろん、ダウンの長期的な湿気の多い環境を考えると、十分なスペースと十分な空気循環を確保しながら、定期的に日陰で乾燥させる必要があります(冬には乾燥させることができます).

羽毛布団は頻繁に洗ってはいけません。

通常の使用では、羽毛布団に掛け布団カバーを追加することをお勧めします。羽毛布団の寿命を延ばすために、羽毛布団は頻繁に交換して洗濯する必要があります。羽毛布団がぴったりとフィットするように、羽毛布団カバーと羽毛布団のバックルを締める必要があります。

洗濯後のダウンがふかふかしていませんか?

ダウン原料加工メーカーによると、羽毛布団はダウン含有量が多く、乾燥すればかさばりが戻るとのこと。かさ高が回復しない場合、理由は 2 つだけです。1 つ目は、中綿がダウンしていない可能性がありますが、フライ シルク、フレーク、フェザーなどは、自然にふわふわではありません。 2つ目は、羽毛布団が乾いていないことです。

バルクを復元する方法は?適切な温度で羽毛布団を乾かしてダウンを乾かし、羽毛布団を軽く叩いて元のロフトに戻します。回復できない場合は、最初の問題に属する必要があります。ダウン製品は、ダウン表面のウォータープルーフオイルが蒸れず、虫の発生が少ないので、回収するのがベストです。

唯一の注意点は、長時間圧縮できないことです。乾燥した換気の良い場所で、ゆったりとした通気性のあるバッグに入れて保管してください。場所を取る問題を考えると、一部の家庭では圧縮に真空圧縮バッグを使用していますが、これは実際には間違っています。

あまり知られていないかもしれませんが、羽毛布団と他の掛け布団の大きな違いの1つは、再生できることです。羽毛布団の生地が古くなって交換したい場合は、ダウンを取り除いて、お好みの新しい羽毛布団カバーを作り、詰め替えて寿命を延ばしてください。


.

Rongdaは、20年以上の経験を持つ中国のプロのアヒルの羽の卸売業者およびメーカーです。お問い合わせください!
お問い合わせ
あなたの要件を教えてください、私たちはあなたが想像以上のものをすることができます。
別添:
    お問い合わせを送ってください
    Chat with Us

    お問い合わせを送ってください

    別添:
      別の言語を選択してください
      English
      العربية
      Deutsch
      Español
      français
      हिन्दी
      italiano
      日本語
      한국어
      Português
      русский
      ภาษาไทย
      Türkçe
      現在の言語:日本語